クマの種類は4つもあった?!

目の下のクマって、老若男女問わず気付いたらできているものですよね。
クマのせいで、疲れてる?とか実年齢より老けてる~!なんて言われちゃうこともしばしばあると思います。

まずは自分のタイプを把握して、クマとさよならする方法を見つけましょう^^

gf2160379752

①茶色クマ

女性に多くみられるのが、茶色いクマ。アイメイクによる色素沈着が主な原因です。よく目をこする人もこれに該当する場合があります。
メイク落としが雑な女子!私か!(笑)古い角質が目の下に残ってしまうことで、メラニン色素が増加、そして沈着することで肌のターンオーバーが損なわれている可能性が><

綺麗に落として肌を新陳代謝を妨げないようにしましょう。

②青色クマ

パソコンを使う職業についている人やスマフォばかり触っている人、冷え性の人に多いのがこの青色クマ。原因は血行不良です。睡眠不足やストレスによっても出る場合があります。

目の下はもともと皮膚が薄い個所と言われています。血行不良は冷えが原因で起こるものですが、根本的には酸素が不足して黒っぽくなった血液が薄い皮膚の下を通ることで青白く目立ってしまうことがあげられます。
ホットタオルなどで目の周りを温めることが簡単な方法でしょう。

③たるみクマ

目の下の膨らみが目立つなぁ…と感じる人は、脂肪がたるんでクマみたいになってしまったこの状態の人が多いです。色で言うと、陰ができることで黒っぽく見えるのが特徴です。
このタイプの予防法は残念ながらありません(涙)皮膚が伸びたりたるんだりしてしまっているため、手術で脂肪を取り除かなければなりません。

④くぼみクマ

目の下がなんとなくくぼんでる?と感じる人は老化により、頬が垂み、結果的に目の下がげっそりすることでクマに見えてしまう場合があります。
このタイプも、③と同じく、予防法がありません。手術により、痩せてしまった部分を盛る必要があります。

さて。思い当たるクマはありましたか?

女の大敵!冷え性予防でクマともおさらば!

最も一般的と言われているのが「血行不良」が原因の青クマ。青クマは年齢を問わず現れます。
生活リズムが不規則であったり、眼精疲労やドライアイが原因で全身の血の巡りが悪くなると、皮膚が薄い目の回りが目立って症状が出てきます。

【今日からできる!青クマ退治の3つの対策】

①血行促進マッサージ
一日三セットを目安に、入浴直後等そもそも血の巡りが良くなっている時間を狙って行いましょう。またはホットタオルでマッサージ前に二~三分目元を温めるのでもOK!
マッサージを行うときは、皮膚に負荷を与えすぎないように、マッサージオイルやアイクリームを使うことを忘れずに。でもそれらが目に入ることのないよう注意してくださいね。

☆ツボ押し:陽白というツボが効果的!眉の中央から指一本分上にあると言われています。そこに人差し指と中指を置いて、くるくると動かしてください。
一回30秒が目安です^^このツボ、かなり優秀で、目の疲れを取るだけでなく目をパッチリさせて明るい印象を取り戻す働きもしてくれます!

☆マッサージ:血流の流れを意識し、目頭→下まぶた→こめかみ→上まぶた→目頭→こめかみ、という順番で指をくるくると動かしながら移動させてゆきます。
この巡回を三回行えばOK!皮膚を引っ張ったりすることのないようにだけ、ご注意くださいね。

②冷たい物の飲食を避けましょう

血液循環には冷たい物はNG!できるだけ温かいメニューを選びましょう。また、水分補給も忘れずに。

③鉄分と葉酸を摂取しよう!

葉酸はドロドロ血液をさらっと流してくれ、鉄分は血のもと、ヘモグロビンの材料となり、血を多くしてくれます!
これらがたくさん含まれる、レバーやモロヘイヤ、またホウレンソウやひじき、高野豆腐などを積極的に摂り入れましょう!

気軽にできる三つの方法で、貴女も今日からグッバイ☆青クマ!コンシーラーで隠すのはもう辞めましょうね!^^b

気を付けよう、色素沈着、クマになる?!

摩擦が原因でメラニンが増えてしまったり、メイクのせいで肌が乾燥し、ターンオーバーが乱れることで起こる茶クマ。

根本原因がメラニンによるものなので、美白対策と同じことをすれば解消されるケースが多いのが特徴です。

【ついでに美白を手に入れよう!】

①UVケアしよう!

何をおいてもこれが一番必要です。紫外線を排除しなくてはなりません!
紫外線はメラニンの増加を促進するので、色素沈着が起こりやすくなります。UVケアは年中するよう心掛けましょう。

②肌を労わろう!

メイクを雑に落としてしまう、ついついメイクを落とさずに寝てしまう、…忙しい女子には仕方のない日常なのかもしれません。
ですがこの洗いのこしが厄介者で、色素沈着の原因になってしまいます。お手入れは入念に確実に行いましょう。

ただし注意点。摩擦は肌に負荷をかけます。いくら入念に洗い流さなきゃ!という目的があっても、優しくお手入れすることをお忘れなく。

③食べ物にはビタミンCを取り入れて

ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがあります。御存知のとおり、みかんやグレープフルーツのようなかんきつ類には多く含まれているほか、
意外に知られていないだろう食物としては、ブロッコリーやトマトなどの野菜もおすすめです。

④基礎化粧品も有効物質を含むものにしよう

実はシミに効く成分は厚生労働省に認められている成分もあり、実際に効果が期待できる化粧品も多く存在します。
ビタミンC誘導体をはじめとし、ルシノール、リノール酸、エラグ酸、

プラセンタエキス等がその代表です。自分の持っている化粧水や、ドラッグストアで新しいものを探す際の参考にしてくださいね^^

口コミサイトを見てみると、decenciaから発売されているサエルというシリーズが人気を集めている模様!ただ、効果は人それぞれ。
それだけはどれを使っても出る差異なので、トライアルセットなどで一度試すことをお勧めします。

手術以外の方法で、黒クマを退治したい!

「青クマ茶クマなんていいじゃないの…自分で治せるんだから!私みたいにたるみくぼみの黒クマなんて手術でしか治せないのよ!」と嘆いているそこのアナタ!

諦めるのはまだはやいですよ!完全に治すことは難しくても、自分の力でそのクマ、薄くできる方法があるんです!

こんな年齢とともに出てくる現象止められるの?と思う方もいるでしょう。しかし現代の化粧品を侮ること無かれ。

何を決め手に選んだらいいの?

まず、老化現象の進みを緩やかにするためにお薦めなのが「コラーゲンの摂取」。ただし、サプリメントなどで闇雲に摂取すればいいというものではありません。
サプリメントからはコラーゲンは摂取できますが、クマにはコラーゲン自体が必要なわけではなく、コラーゲンを真皮に届ける働きの方が必要なのです!

そのために有効な成分が、アルギネートやレチノールビタミンCやセラミドです。特に、レチノールビタミンCは体内のコラーゲン自体を増やす役目も果たしてくれるすごい奴なのです。

お薦め化粧品

①decencia「アヤナス」:

敏感肌さんのために開発された基礎化粧品ですが、クマへの有効成分アルギネートを含んでいるところがおすすめです。また、お値段も誰でも手が出しやすい価格帯であり、気軽にお試しできるかと思います。

今ならモニターセットは1480円で手に入りますよ^^ちなみにdicenciaは、あのPOLAとORBISグループのブランドですので、安心してお使いいただけます。

②資生堂「エリクシールシュペリエル」:目元ケア専用コスメとして販売されているだけあって、その効果は絶大です!しかし少しお高いのが難点><;ただ、レチノールは真皮のコラーゲンを増やすためのもっとも大切な成分なので、これを踏まえると結果的にはお安いのかも…?モニター価格はWEBのみです!3888円と、通常の約4分の1ですので、この機会に一度お試ししてみては?!

疲れ目にはコレがオススメ!

気がつくと長時間パソコンを見ていて肩がこってる。首がこっているなんてことありませんか?実はそれ、眼精疲労かもしれません。

疲れ目からくる眼精疲労は、長時間パソコンやゲームなどの明るい画面を見続けると目が疲れGT187_350Aてしまい、疲れ目になってしまいます。

視力はどんどん低下するばかり・・・低下したものは低下したままなのでしょうか。そんな疲れ目や一時的に視力回復をはかりたい人にはこれがオススメです。

ブルーベリーサプリメントです。ブルーベリーといえば、食べると視力回復や目に良いということで知られています。
なぜブルーベリーサプリメントが目にいいのかといいますと、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという天然色素の成分が疲れ目の回復効果をもたらしてくれるのです。

よく勘違いしてしまうのがたくさん食べれば視力回復でどんどん視力が上がると思いがちですが、眼精疲労や疲れ目にとっては効果的といえるでしょう。うまく活用して疲れ目や眼精疲労にさよならしましょう。

ブルーベリーサプリランキングをチェックする!

Comments are closed.