目の下のくまの原因

目の下のクマには、3種類あります。青クマ、黒クマ、茶クマです。すべてクマなのですが、原因は全く違うので、自分のクマがどの種類に当てはまるのかを知りたいですよね。gf1420103778
規則正しく生活していても、クマがあるために「不健康」に見られることだってあります。女性にとっては大きなマイナスイメージにつながるので、原因を知ってからケアしてきたいものですね。

・青クマ
最も多いのが、青クマです。10代の若いころから起こり、生活習慣、ストレス、疲れ等からくる血行不良によるものです。
目の周りの毛細血管の血流が悪くなってできてしまうのですが、色白の人は余計に目立ってしまう傾向にあります。目の下の皮膚は他の部分に比べて薄いために、血流が悪いとこの部分の色が青黒くなるのです。
寝不足、不規則な生活、ストレス、疲労、ドライアイ、パソコンなどを長時間使うことからくる目の疲労などが、目の周りの血流を滞らせてしまうのです。

・黒クマ
この黒クマは、加齢によるものです。目の下の皮膚がエイジングが進むにつれて、どんどん薄く弱くなり、たるんでしまい皮膚が前に出てきている状態なのです。皮膚が黒いというのではなく、出てきてしまった皮膚の陰が黒く見えるので、メイクでは隠せません。
コラーゲンが減り、皮膚がたるんでいるという状態です。

・茶クマ
茶クマは、シミなどがたくさんできていたり、角質がキレイに剥がれ落ちないことによる肌のくすみです。
眼をこすることが癖になっている場合には、摩擦によるシミです。
紫外線の影響、メイクの刺激などによる肌へのダメージ、乾燥による肌のターンオーバーの乱れなどが原因となって起こることなので、予防を心がけることが大切です。

Comments are closed.