にっくきクマができる原理とは?クマは予防できる?

目の下のクマ。
すぐにでてしまう方とあまり気にならない方がいっしゃいますが、原因が一つではないからです。

クマの原理は、目の周りの血液がうっ血していることが原因で、どうしてそうなってしまうか?というのが、クマができる原因になります。

また、目の周りの皮膚は特別薄いですから、他の顔の部位がクマになることはありません。
薄い皮膚と言うと、手の甲などは血管が見えることで、ここに血が流れているというのがわかります。

原理としては同じことで、何らかの原因で皮膚の薄い目の下の血管が見えてしまうということです。

うっ血の原因としては、長時間目を酷使して、血液循環が悪化していることにあります。
これが一番多いとされています。

目が疲れた、睡眠不足が続いている、昨晩徹夜をした等のことで、目の下の血液の流れが悪くなってしまい、クマとなって現れると思ってください。

ですから、ここのところ忙しいという方には、どうしてもクマができやすくなってしまいます。
また、目の疲れで、すぐにクマができてしまうのではなく、目の下が膨らんでしまう方がいらっしゃいます。

その他、くぼんたりすることで、目の下に影ができてしまうケースがあり、その凸凹が影になってしまうのが、クマに見えてしまうのです。

正確に言えば、うっ血がクマとなって現れるものではないですから、普通のクマとは違うのですが、疲れ目によって起こることで原因は同じということになります。

また、小じわが多い方もクマがすぐにできやすいとされています。
これは目元の張りが不足していることが原因で、疲れ目ではなくどちらかと言うと、疲れ肌が原因になります。

それで、ますますクマそのものが濃く見えてしまいます。
予防に関しては、疲れ目に知ないことが何よりです。

Comments are closed.