青グマの特徴と解消法

茶グマになってしまったら、改善のためにクレンジングを肌に優しい物を使用すると同時にケアを怠らないようにしましょう。

そのケアでは、紫外線対策と保湿をすることです。
茶グマになって、紫外線を浴びると、余計濃くなってしまいます。

原因が色素沈着ということは、その悪さをする本性はメラニンで、紫外線で日焼けをするものと同じです。
両方ともに肌の色を変化させるのは、肌そのものを守るための防衛手段です。

色素沈着はこする刺激で、紫外線はそのまま細胞破壊が大きなきっかけとなってしまいます。
紫外線は色素沈着をひどくしてしまう事になりますから、とにかく日焼け止めは、1年中行うのは絶対です。

そして、保湿ですが、茶グマがなくなるというのは、茶グマ部分の角質がはがれ落ちることです。
ターンオーバーで自然と角質が落ちるのを待つことになります。

この時に肌が乾燥していると、ターンオーバーのサイクルが狂ってしまい、早くクマが改善されることができなくなってしまいます。

ということは、常に保湿されている肌であればあるほど、茶グマ改善が期待できると言えます。

ターンオーバーと言えば、睡眠中に行われるものですが、寝不足は茶グマではなくクマの原因になります。
ですから、睡眠も質の良いもので、最低限日付が変わる時間に寝ていることが、クマの防止、茶グマの改善には必要不可欠なことと言えます。

一度できた茶グマには、きちんとした対応でしっかりと治していきましょう。

Comments are closed.