クマに効果的なマッサージ方法

クマに有効なマッサージは、絶対にこすらないことです。

肌のマッサージというと、オイルやクリームを付けて行うのがオーソドックスですが、クマに関しては、直接手で触れないことが原則です。

ですから、効果的なマッサージ方法のひとつとして、「蒸しタオルを使用する方法」をご紹介します。

普段の洗顔後、まずは目の周りを蒸しタオルで温めます。そして次に水で濡らしたタオルで冷やします。これを数回繰り返します。
温かいタオルはハンドタオルでOK。
電子レンジで温めることで、簡単に温タオルができます。

血行を良くして、冷たく冷やすことで、目もシャキッとします。

どうしても、指を使ってマッサージをしたいときには、必ず薬指を使用します。

下まぶたの目尻から目頭、上まぶたの目尻の順で、まぶたのふちを一周します。
軽く力を入れずになぞる程度に2、3回繰り返します。
力を入れないと言う点で、薬指がベストになります。

マッサージのあとには、こめかみ付近で下へと指を動かてください。
これはリンパに老廃物を運ばせることが目的です。

顔のマッサージの時にも、最後にこの動作をすることで、老廃物が流れだし、スッキリとします。
クマのマッサージは力を入れない、やりすぎないことです。

目のまわりや瞼の皮膚はとても薄く、刺激を与えることで、色素沈着の原因になってしまい、マッサージをすることで、クマを濃くしてしまう事もあります。

できれば、タオル等で直接手を触れない方が良いのですが、どうしてもマッサージをしたいときには薬指とリンパに老廃物を流すことは絶対に行うようにしましょう。

Comments are closed.