しつこい目の下のくま 原因は色素沈着かも

目の下のくまができる原因は実は寝不足だけではなく、色素沈着による場合も多いです。
色素沈着とは皮膚が外部からの刺激を受けてメラニン色素という肌を黒化させる色素を大量に生成し、それが排出されずに肌に残ってしまった状態のことを指しています。
目の下は皮膚が薄く、またメイクや目をこするなどの刺激を受けやすい場所であるためメラニン色素が生成されやすく、そうした状態が長年続くと、茶色っぽいくまになって定着してしまうことがあるのです。
そんな色素沈着が原因の目の下のくまは、寝不足でできるくまとはまた違った方法でケアすることが必要となります。
ポイントは沈着したメラニンを薄くして排出させることですので、美白作用のある化粧品でのスキンケアがもっとも有効となります。
メラニン色素は通常であれば肌のターンオーバーによって自然と排出されていくのですが、ターンオーバーの機能が正常に行われていない場合には美白化粧品で排出を促すことが肝心です。
使用するのはビタミンC誘導体あハイドロキノンといった成分が配合された美容液やクリームです。
毎日行うスキンケアの一環として目の下に美容液やクリームをしっかりと馴染ませてケアしましょう。
ビタミンC誘導体は刺激性が少なく目の下でも比較的安心して使える成分ですが、ハイドロキノンは人によっては肌が赤くなったり痒みが出たりと刺激が生じることがありますので、まずは腕など目立たない部分につけてみて、肌との相性を確かめてから使用するようにしましょう。

Comments are closed.